肌荒れ ビタミン不足

肌荒れ・ニキビはビタミン不足と大いに関係あります

「ビタミン」というとサプリメントで摂ればOKと考えている方もいるようですが、同じビタミンでも「水性」のものと「油性」のものがあります。

水性のものは体から排出されやすく、こまめに摂ることも大切ですが、摂りすぎるといった心配はありません。

一方油性のものは体内に蓄積されるため、サプリメントで摂る場合には注意が必要です。

野菜からビタミンを摂取するのであれば心配はいりません。

ビタミンは大きく分けるとB群、C、E、Aなどが主なものになります。

どのビタミンもお肌を健康に保つために役割りをもっており、不足すれば肌荒れ等の原因にもなりかねません。

また、ビタミンB群は脂肪の代謝を促してくれる成分でもあるため、肥満防止、ダイエットにも重要な働きをしています。

ビタミンCは美容コスメなどにも含まれていることが多く、美白・肌を健康に保つ・しみ予防などの化粧品でお馴染みですね。免疫力を高めるためにも重要な働きをするため、ビタミンCは積極的に摂取したいものです。

ところで、肌荒れやニキビが気になると、洗顔料や化粧品ばかりに目がいってしまいがいちですが、食事からこれらの栄養素がしっかり取れているかどうかも肝心です。

肌荒れしやすい人、ニキビがなかなか治らない人は肌を清潔に保つことに加え、食生活を見直して見るように心がけましょう。

また、どんなに気をつけていても毎日350g以上の野菜はなかなか摂れていないのが実情です。

各種ビタミン豊富な青汁はサプリメントでビタミンを摂取するよりも自然で安心。毎日1杯を続けることで、体調管理・美容管理におすすめです。